不用品回収後と環境を考える

回収された不用品には、その後の物語があります。 ゴミとして廃棄、焼却されたりスクラップにされてしまうのか、きれいにしてまた使われるのか。 それ以外にも、部品単位まで細かくして、資源として再利用する方法もあります。 再生するための環境は整っています。

代表的な不用品

数が多いため、どうしても不用品としても多くなってしまうのが家具や家電です。 今ではパソコンやタブレットなども量が多いです。 すぐに思いつくのはリサイクルショップですね。 粗大ごみとして引取る自治体でも、回収業者でも、再生できるものは生かす仕組みになっています。

国外にも需要がある

国内で需要が無くなっても、海外で使ってくれるものがあります。 特に日本の家電は便利で、古いモデルでも高い人気を誇るようです。 みんなを巻き込んで、みんなで再利用できる世界になれば、ゴミはもっと減りますね。 私達にできること、是非取り組みましょう。

引取ってもらったら終わりではない

不用になった品、使わないものという意味ですが、一口に不用品といっても色々なものがあります。
壊れて使えなくなってしまった物のほかに、新しいものが出たので買い替えた、という理由で不要になることもあります。
特にちょっと前までは、次々に新しいものが売り出されて、何もかもが使い捨てという時代でした。
さすがに環境への深刻な影響を考えて、今では見直されていますよね。
長く大切に使う、ちょっとの故障や傷などは直して使う、といったことが普通になりました。
それでも、生活している以上やはり不要になるものは出てきます。
代表的なものは、家具や家電など、生活に必要なアイテムです。
これらが不要になれば、粗大ゴミに出したり、リサイクルショップに引き取ってもらったりしますよね。
では、引取られた不用品の行先は、どうなっているんでしょうか。
今は環境を考えて、簡単にゴミとして廃棄しないような工夫が必要になっています。
大型の不用品であれば、尚更再利用が望まれます。
私たちは単に不用品として出すだけですが、引き取った回収業者は再利用できるかを常に考えています。
少しでもごみを減らすための仕組みの一端を担っているんです。
これは個人が使用するものに限らず、オフィスで使用する椅子や机などの家具、工業や農業用品も含まれます。
特殊なもので、再利用するためにかえって環境に悪影響がある場合を除き、生かせるものは生かす。

不用品回収のその先と、私たちが注意したいことをまとめました。